私人貸款審査でのコツ

DL163
消費者金融(私人貸款)であれ銀行であれ、カード私人貸款を利用するときには審査を受ける必要が有ります。この審査基準はほとんどの消費者金融会社(財務公司)は非公開となっており、外部からは知る事は出来ません。
ですがある程度のコツというのは存在しており、やるかやらないかで後々の評価が変わるという事は多いです。
そこでここでは私人貸款の際に審査を受けるコツを解説します。

審査の目的

そもそも私人貸款を利用する際の審査というのは申し込みを行った人間が「借り入れをした元金に利息を合わせて問題なく返済できるか」を確認するための物です。
私人貸款を提供する消費者金融会社(財務公司)としては利息と元金をトラブルなく完済して貰うのが一番良い顧客なのは当たり前ですし、出来る事なら返済が出来ない客には貸したくありません。
そこで過去の利用履歴などから顧客が問題なく返済できるかを確認するのです。
ここでのポイントとして、この審査はクレジットカードの入会審査のように「利用者を選ぶ」のではなく「問題が無いか確認するための審査である」ということが言えます。
クレジットカードのような利用者を選ぶ審査の場合収入の多さや職業の社会的ステータスなども問題になりますが、融資の場合はそれよりも安定性や返済能力の有無を見られます。
また利用者を選ぶためのものではないので、問題がなければ審査に落とされるという事は有りません。

審査の内容

具体的な審査基準というのは公表されていないのが一般的となっており、外部から具体的にどのような審査を行っているかを知る事はできません。
ただし、一般論として「本人の経済状況」と「信用情報」の二つを見られるとされています。
本人の経済状況というのは収入や職業と勤続年数、資産などの部分でここを見て返済能力が高ければ高いほど審査に通る可能性が高まります。
ただしこの返済能力で大事なのは「収入や資産の多さ」よりも「安定性」であるとされています。
例えば正規労働者と非正規雇用者であれば前者の方が安定性は高いと考えられます。
一方で自営業と正規労働者で比べると同じ程度の収入が有ったとしてもどこかの消費者金融会社(財務公司)に勤めている正規労働者の方が安定性は高いと判断され傾向にあるのです。
他にも収入が多い有名人や俳優などの場合「その収入が安定して続くとは限らない」という事で審査基準が厳しくなる傾向にあります。

もう一つの「信用情報」というのは過去の借り入れ情報のまとめです。様様な確認の方法により、過去に滞納や不払いなどの問題を起こしていないか確認を行います。
ここで近いうちに滞納や破産歴などがあると「貸しても返済が遅れたりするのではないか」と判断されて審査に通りませんし、他社(自社含めて)からの借入額が多いく返済能力を超えていると判断されると、返せないのではないかと審査に落ちてしまいます。

受ける際のコツ。審査の前に

それでは具体的に審査を受ける際のコツについて解説していきます。
まず審査を受ける前に考える事として現在の借り入れ状況です。
借り入れ金額が多く返済が出来ないと判断されれば審査に落ちる事になります。また仮に審査に通ったとしても返済能力を超えているということで返済不能に陥る可能性が高まります。
なので借り入れの前に現在の資産状況や借り入れ状況を自分で把握しましょう。もし返済が厳しいなどの理由で借り入れを行うのであればおまとめ私人貸款など借り換えを利用するのも一つの手です。
次に必要書類や現在の務め先な自分の経歴などをしっかりと確認しましょう。
必要書類は契約によって異なるのであらかじめ確認し、申し込みの後に困る事が無いようにすることが大事というのはあたりですが、意外と自分の経歴や勤め先を間違えて覚えている人が多くこれが原因で落ちてしまう事があります。
特に多いのが勤め先の部分で、大企業などで所属が曖昧であったり非正規雇用などで勤め先を勘違いした結果、本人確認が出来ず審査に落ちるという事が有ります。

審査を受けている最中について

この二点を確認できたら審査を申し込みましょう。書類の提出の仕方などは消費者金融会社(財務公司)によって異なるので、消費者金融会社(財務公司)の指示に従うようにし書類間違えなどのトラブルや問題が起こった場合は申し込み消費者金融会社(財務公司)に相談するようにします。
問題が無ければ消費者金融会社(財務公司)側が審査を行うだけなので、ほとんど気にする事は有りません。
強いて言えば消費者金融会社(財務公司)からの連絡先の部分で、連絡先の記入を間違えたり時間帯の都合などで電話を受け取れないと色々不都合が出てきます。
なのでいつでも受け取れる携帯電話などの連絡先を伝えておくほか、連絡を受け取れない時間があればあらかじめ相手側に伝えておくようにしましょう。
またメールアドレスを求められた場合でもアドレスを間違えて送ってしまうというトラブルが多いので気をつけましょう。
そして審査が終了したのであれば晴れて融資を受ける事ができます。

審査に受かりやすくする方法はある?

インターネット上には「審査を受かりやすくするための対策」と言った物があったりしますが、正直受かりやすくする方法というのはほとんどありません。
前述のように審査で見られるのは現在の経済状況と信用情報の二点です。
経済状況についてですが、収入や職業と言った物は直ぐに変える事が出来るような物ではありませんし資産も同様です。
信用情報というのも同じで、過去の借り入れ履歴などは今更どうする事も出来ませんし、滞納履歴なども変更の仕様がありません。
なので「これをやれば審査に受かりやすくなる」という物はほとんどないのです。

借り入れ状況を整理する

その上であえて言うのであれば「現在の借り入れ状況を整理する」という物が上げられます。
他社からの借り入れ額が少なければそれだけ審査に受かる可能性は上がるので、まず借り入れを行っている消費者金融会社(財務公司)で借り換えなどをうまく使い返済するという分けです。
この借り入れは私人貸款の他に物品の月賦払いやクレジットカードのショッピング枠なども当てはまるのでこういった物でまだ返済が終わってない物があるのであればしっかりと返済を行うようにしましょう。
これに関連して特に多いのが「クレジットカードのキャッシング枠」です。
クレジットカード以外でもキャッシングやカードでの私人貸款は手軽に借り入れが出来るという事で限度額いっぱいまで借り入れを行っていると考えるのが普通です。
一枚程度であれば業者側もある程度事情を察してくれるのですが、複数枚あるとなると審査に落ちてしまう可能性が高くなるのです。もし使っていないクレジットカードを持っている場合は借り入れの際に解約など整理を行いましょう。

借り入れ限度額を上げたい

また審査の結果希望限度額に満たなかったという場合でも、借り入れを繰り返す事によって信用を得て限度額を上げて貰える事があります。
ただしこれは消費者金融会社(財務公司)によって方針が違うようで、利用実績がなくても経済状況などが変われば審査の上で上げてくれる消費者金融会社(財務公司)もあれば、限度額の変更は受け付けないという消費者金融会社(財務公司)もあります。

まとめ

審査を受ける際のコツは申請の際に間違いを起こさない事と、消費者金融会社(財務公司)の審査にしっかりと協力する事に限ります。
申し込みの際に曖昧な受け答えや見栄を張るなどを行った場合、ほぼ確実に審査に落ちる事になるので嘘や間違った申告などが無いようにしっかりとした情報を相手に送りましょう。

初心者向けパーソナルローン(私人貸款)解説インターネット専業の私人貸款で危機回避:私人貸款審査でのコツ。