おまとめローンの金利や審査について

FE036
複数の企業からの個人ローンを一社にまとめる事を目的としたローンをおまとめローン(おまとめ個人ローン)と言い最近注目を集めています。
これはうまく使えば借金の返済にかかる負担や返済総額を減らす事が可能なので、うまく利用することあ大切です。

そもそもおまおめローンとは

そもそもおまとめローンとは借金の借り換えを目的とした個人ローンです。
借り換えとは特定の借金を返済するために借金の借り入れを行うことです。
例えば金利手数料含めて15%の借金をHK$10万借りているとします。
そこで別の会社が金利手数料含めて10%の融資を行っていた場合、支払総額などを考えると圧倒的に10%の契約のほうがお得です。
そこで後者の契約でHK$10万を借りて前者の契約を完済する事で金利手数料10%の契約に乗り換えるこれを借り換えと呼びます。
この借り換えはカードローンやキャッシングに限らず、住宅ローンやカーローンなどでも盛んに行われています。

数社をまとめる場合について

この借り換えは現在の融資が複数の会社にまたがっている、つま多重債務者の方でも利用することは可能です。
例えば金利手数料含め15%からHK$5万、そして10%の会社と13%の会社にそれぞれHK$2.5万借りているとします。
この場合でも一社から金利手数料含め10%の契約でHK$10万を借りて返済することで支払総額はお得になるのです。
また、複数の会社から借り入れを行うと返済日が一ヶ月に複数回来る上に金利などの関係から毎回返済額が違うという自体に陥ってしまいます。
そのため借り入れの契約や借り入れ総額を自分でも把握できないという自体にい陥いることがあり、自分の状況を甘く見てしまった結果限度額や返済能力ギリギリまで借り入れを繰り返してしまうことになる人もいます。
そこで返済総額が底まで変わらなくても借り換えを行う事で一社の契約にまとめて、返済の際の精神的負担を減らすということも行われています。
こういった多重債務を解消するために借り換えを利用することが多いためおまとめローンとして提供している会社が多いですが、実際の所は一社からの借り入れでもおまとめローンを使って借り換えを行うことが可能です

おまとめローンの金利について

おまとめローンの金利というのは基本的に「元の契約より低い金利」です。
当たり前の話ですが、おまとめローンというのは返済総額を減らしたり金利手数料を下げるために行うローンなので元の契約より低い金利と返済総額に設定する事が当たり前ですし、どのような会社で利用者の元の契約より低めに設定しますし、基本的に今利用しているローンより高い金利に借り換えを行うという人はいません。
ただしこれはあくまでも基本的な話で複数の会社から借り入れを行っている場合などで一社にまとめて返済への負担を減らしたいという場合、多少支払総額が増えることになっても借り換えを利用するという人もいます。
また一定期間金利や利息を0にするなど、特定のサービスを利用して返済総額を減らす方もいます。

おまとめローンの審査は

当然のことですがおまとめローンにも審査は存在します。
おまとめローンでも他の融資と変わらず、経済状況などから返済能力を確認しおまとめローンとして借り入れを行ったものしっかりと返済できるかを見る審査となっています。
そのため個人ローンの借入額が多かったり、過去に滞納などの問題を起こしているという場合はおまとめローンの審査に落ちて利用を断られることがあります。そういった場合は続けて元の会社で返済を行うか、返済が行なえ場合は自己破産など公的な手続きを取ることになります。
ただしこの審査基準は会社によって異なるので、特定の会社で落ちたとしても他の会社であれば受かることもあります。
他の融資と違う点は、他社からの借り入れの扱いです。
一般的な融資の場合現在借りている他社の借り入れはマイナス評価になるのが一般的です。一方でおまとめローンは「借り入れたお金を他社への返済に回す」ということが前提となっているのでそういった事はあまり見られません。
ただし他社からの借入額が多いということは、おまとめローンの借り入れ額もそれに合わせて大きくなってしまうので、他社からの借り入れ状況が見られないからといって審査が甘いというわけでもありせん。また「復讐からの借り入れの一部をまとめる」という場合、おまとめローンの返済と他社への返済を行う事になるので、他社からの借り入れ状況も審査に関わってきます。

おまとめローンを利用しないという方法

借り換えを専用としたローンをおまとめローンと呼びますが、別に他の個人ローンを利用して借り換えを行ってはいけないというわけではありません。
会社によってはおまとめローンというものを提供せず、「各種目的別ローン」という形式で提供するしている会社もありますし。目的に制限がないカードローンを利用するようにすすめる会社もあります。住宅ローンやカーローンなど目的別ローンの中には「他社住宅ローンの借り換え」を用途に上げている会社もあります。
意外とおすすめな物としては、目的に制限がないフリーローンでも不動産や保証人などを求めるタイプの個人ローンです。担保や保証人が必要ないカードローンに比べると利便性は落ちてしまいますが、こういった個人ローンはかなり金利を低めに設定していることが多く、無担無保証のおまとめローンより低い金利設定も珍しくありません。
保証人や担保を用意できないためカードローンを利用するという方も多いかと思いますが、もし用意できるということであればこういった個人ローンも借り換えの視野に入れることをおすすめします。

おまとめローンの注意点

おまとめローンの注意点は大きくわけて2つあります。
まず一つが支払総額が確実に減るとは限らないということです。
わかりやすく単純化すると、利息が20%の契約と10%の契約でお金を借りている場合10%であれば確実にお得なのですが、15%の金利で借り入れを行った場合、元の契約や借り入れ総額によっては返済額が増えてしまうことになるのです。
次のポイントが返済年月の長期化です。おまとめローンは大体の場合返済への負担を減らすために行うので、毎月の返済額を低く設定いしてしまうことが多いです。その結果返済期間が長期化して支払総額が増え類という自体になってしまいます。
なので利用の際は、現在の借入金額や支払総額などをしっかりと確認したうえでお得になような契約を利用しましょう。
ただしこれはすべて悪いというわけではなく金利などで多少支払総額が増えてでも毎月の返済額や返済に関わる精神的な負担を減らして完済を目指すというのも一つの手です。
なのでおまとめローンを利用する際は「おまとめローンを利用してどこの負担を減らしたいか」ということをある程度考えてから利用するのも大事です。

まとめ

複数の会社から借り入れを行うおまとめローンはうまく利用することによって月々の返済額や総支払額を減らす事が可能になります。
借り入れ総額によっては審査に落ちてしまうなど利用の際にはいくつか注意点はあるので注意が必要となりますが、うまく活用して早めの借金完済を目指しましょう。
もしおまとめローンを利用できないという場合は無理をせずに自己破産などを活用するなど公的機関に相談することも大切です。

初心者向けパーソナルローン(私人貸款)解説インターネット専業の私人貸款で危機回避:おまとめローンの金利や審査について。